本文へスキップ
  鶴岡市立図書館
         Tsuruoka city library
開館日はこちら

お 知 ら せ



!重要なお知らせ!

5月12日より図書館再開します
 市立図書館は、4月6日より臨時休館しておりましたが、
新型コロナウイルスの感染拡大防止策を講じながら、下記のとおり再開します。
 ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

<対象施設> 市立図書館本館、藤島分館、羽黒分館、櫛引分館
       朝日分館、温海分館、移動図書館やまびこ号
       郷土資料館
<再開日>  5月12日(火曜日)
<開館時間> 本館:午前9時30分から
午後6時
       
   (土・日・祝日は午後5時)
       藤島分館・温海分館:
          午前9時から午後5時
       羽黒分館・櫛引分館・朝日分館:
          午前9時から午後6時
          (土・日・祝日は午後5時)
       郷土資料館:午前9時30分から午後5時

【当館の防止策】
   ●職員のマスク・手袋着用
   ●入館時の手指消毒
   ●返却資料の消毒
   ●カウンターへの飛沫防止カーテンの設置
   ●閲覧席の一部利用制限
   ●滞在時間短縮への協力要請  など


 なお、混雑時は入館までお待ちいただく場合がございますのでご了承ください。
     

     ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
    図書館の利用方法等を変更しております。


※休館前に予約本確保の連絡があった方へ
   予約本はそのまま確保されています。ご安心ください。












● 図書の販売について


 諸家文書目録1~12  各1,000円
  ※ 2 は在庫なし

 → 『諸家文書目録』のあらましはこちら【PDF】


● 古文書講座で使用したテキストを公開しています
表題 : 大泉庄内御巡見紀行

解題 : 江戸時代に諸藩の藩主が幼少で家督を継いだ時には、幕府から「御国目付」が派遣され藩政を見ること になっていた。天和2年(1682)に庄内藩主の酒井忠真(ただざね)が12歳で家督を継いだ時も、御国目付として保科主税(ほしなちから)と阿部八之丞が来庄し、6ヶ月にわたって滞在、その間8月から9 月にかけて領内を巡見した。この史料は、主税に随行した南部郷左衛門の日記で、各地の名所旧跡の外、太古そのままの道路事情が記され、当時の旅がいかに苦難に満ちたものであったかがわかる。
  ページ数:20 / サイズ:2725KB / ファイル形式:PDF 

同 読み下し文
  ページ数:7 / サイズ:704KB / ファイル形式:PDF 

表題 : 羽州荘内湯濱温泉図 同所温泉由来記
  ページ数:8 / サイズ:901KB / ファイル形式:PDF 

同 読み下し文
  ページ数:4 / サイズ:84KB / ファイル形式:PDF 


● 郷土(庄内地方)出版物寄贈のお願い
 あなたの周りで本を作った方はいませんか?
 図書館のサービスの範囲は大変広いものですが、郷土資料の収集にはどの図書館でも力をいれています。郷土資料はそこの地域でなければ集められないものが多く、発行されたときに手に入れなければ、たちまちなくなってしまう事がよくあります。郷土資料館では庄内地方で出版された本を有料無料を問わずにできるだけ集めるように努力しています。
 しかし、郷土資料は市販されないものが多く、また、出版情報が入りにくいのが現状です。そこで、皆様方の周りで、出版されたものがありましたら、図書館に寄贈していただきたいのです(郷土資料室に1冊・1階貸出用に1冊・他に保存用として1冊と計3冊です)。
 寄贈ができないということであれば、購入いたしますので、ぜひご一報ください。図書館で収集・整理をした郷土資料は、永年に保存されます。将来、日本中でその本を所蔵しているのは当館だけということになるかもしれません。
 郷土文化の保存のためにもご協力をお願いします。








information図書館情報

鶴岡市立図書館本館/郷土資料館

〒997-0036
鶴岡市家中新町14-7
Tel.0235-25-2525(本館)
Tel.0235-25-5014
           (郷土資料館)
Fax.0235-25-2526(共通)
MAIL.
library@city.tsuruoka.yamagata.jp

携帯検索ページはこちら↓


  



スマートフォン検索ページはこちら↓

  






<リンク>
⇒山形県立図書館
⇒鶴岡市役所
⇒鶴岡市教育委員会